†でおきしブログ†

ウナギ食べたいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

【kindle】機動警察パトレイバー1~4巻まで期間限定無料お試し版だったのだが相変わらず後藤隊長がカッコよかった(^ω^ )

☆ネタバレ!

おたけさんがリチャード・王(ウォン)と遭遇したところ、銃で撃たれてグリフォンは飛行ユニットを初お披露目で、史上初の飛ぶレイバーっていうビックリ展開までが4巻までのお話なんですが、いやー久しぶりに読むとおもろいね!

ゆうきまさみ節が素晴らしい

ゆうきまさみさんの漫画はなんともいえない空気感なんだよなぁ。

すっとぼけていたり、和やかだったり、企んでいたり。
この感じは読まないとわからない!
久しぶりに読んでいてそう思いました。

★例えばこのページ

機動警察パトレイバー 1 | 小学館

1巻のかなり序盤のページで、何てことはないシーン。
遊馬が教官に質問するというだけなんですけど、同じプロットからこの雰囲気を描けるのはゆうき先生だけだと思う。

なんとも言えない表情で遊馬を見ている泉野明と、メガネ君がいい感じ。ゆうき先生の描き方として、キャラクターが何か喋っているシーンに、なんとも言えない表情の他キャラクターが描かれている事が多い気がする。

これは他キャラクターの表情とセリフと文脈から、状況と面白さを伝える手法なのだと感じる。

そして教官の「なにものだ、名をなのれ。」という、芝居がかった言い回しが可笑しいのだが、そこは遊馬は至極普通に返答している。シュールな笑いがこみ上げる。

究極超人あ~るのたわば先輩もこういう言い回しする印象があったなぁ。

こういうシーン好きなんです。僕。

★そういうのを踏まえての後藤隊長

機動警察パトレイバー 3 | 小学館

僕の好きなおじさんは後藤隊長高田純次です。
系統が割と似てると思うんですが、適当な雰囲気のおじさんなんですが、キリッと締まる時もあるのでズルいんですよね。

それにしてもこのページ、ストーリー上無くても困らないページなんですが、ゆうき先生の漫画にはこういうページが必要なんだと感じます。こういうページが挟まれる事で、なんとも言えない空気感が漫画から伝わってきます。あと、凄く緩急をつける事ができる。このページはまさに「緩」である。

www.youtube.com
劇場版のパトレイバー2の後藤さんと比較すると違いすぎて別世界w
押井守監督作品なので別世界で当然なのかもしれないけれど。

★あと、突然セクシーなシーンとか出てくるから油断ならない


機動警察パトレイバー 4 | 小学館

泉野明のおパンティってこのページぐらいでしか見かけなかった気がする。構図とかも気合入っていて油断ならない。


☆蛇足

ゆうきまさみ節を堪能するのであれば『あ~る』君であろう

とくにゆったりした雰囲気で心地良い究極超人あ~るをオススメした。いわゆる学園もので、写真部(光画部)のお話である。

EMOTION the Best 究極超人あ~る [DVD]

EMOTION the Best 究極超人あ~る [DVD]


というか、ゆうき先生の作品はパトレイバーとあ~る君しか知らない(>< )

鉄腕バーディー』とか『じゃじゃ馬ぐるーみん』は少しだけ見かけた程度なのです。