†でおきしブログ†

ウナギ食べたいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

禁煙はじめます(またか

こんばんわ。
deokisiです。


正直、禁煙をする気はなかったのですが、会社の先輩が禁煙するというので、のっかってみます。

禁煙する事によるメリットは、節約と健康です。
それだけです。

だけれども、節約人生ってどうなんですかね?
アベノミクスは消費を促進する政策なわけで、今どき節約も流行らないですよねー
あと、「健康に良い」とか言いますがタバコ以外に健康に悪いことを全て回避していなければ、あまり関係ないとも思えます。

…と、いうわけで折角禁煙するのだから、「節約」とか「健康」とか在り来たりなものじゃない別の方向でメリットを見つけてみたいと思います。

まず第一のメリットは、「喫煙者が禁煙する時しか味わえない苦しみを体感できる事」です。
実にマゾいですね(悦

この苦しい感じは個人差はあると思いますが、生きていれば他にもいろいろ苦しみを味わってきたと思うんですよね。例えばトラウマとか食わず嫌いとか。*1
「儲かる儲からない」、「モテルもてない」は別にしてソコソコ成功している人って、何かしらこの苦しみを乗り越えていると思います。*2
大抵の場合は、「面倒くさい」「この程度で良い」とジャッジしてしまい、ある種の防衛本能により進みきれずに不完全燃焼を遂げています。
正直な所、不完全燃焼の人生の方が割りと楽しそうに生きていけたりするので、可もなく不可もなく人それぞれな訳なんですけれども、今回は禁煙の苦しみに対するメリットとしてあえて燃焼方向にもっていきたいと思います。

さて、自分がやるべき事と思いながら二の足を踏んでる事柄ってないですか?それを突破するのと永久禁煙どっちが良いですか?
苦しみには苦しみを。
いずれもニコチン依存による欲求と、危機回避欲求によるものですので、禁煙の苦しみとトラウマもしくは食わず嫌いに向かっていく苦しみって相殺できそうじゃないですか?

んで、本題なんですが禁煙している人ならわかると思いますが、以下のような思考パターンに陥ります。

一般的な禁煙者の心境

  • ふとタバコを吸いたいと思ふ

  • 「あ、でも今禁煙中だから…」イライラ

  • イライライライラ

いやー、苦しいですよねぇー(悦

この時にイライラするんじゃなくて、「自分がやりたいと思っているのだけれど、食わず嫌いで動けない苦しみ」に思考をオーバーライドしてあげるんです。
そして、その苦しみから脱するには「やるしかない」訳です。

思考のオーバーライドについては、ライトな洗脳効果のあるiPhoneアプリを作るなり、ノートにやるべき事を100回書くなりなんでもしましょう。
禁煙もポジティブに捉えれば、自分を追い込んでリミッタの上限を多少上げる触媒になり得るかもしれません。

一寸の虫にも五分の魂。
勉強苦手な子が悔し泣きしながらストイックに必死に頑張ってる姿とか、そうゆう逆境に対する番狂わせ感ってワクワクしますよね。



ではでは。

*1:明らかに精神や肉体に悪影響を及ぼす苦しみ又は反社会的行動は除きます

*2:一部の天才と勘違いされている方は除きます

広告を非表示にする