†でおきしブログ†

ウナギ食べたいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

ショートストーリー(実験) 「に」_「2次元」

こんばんわ。
deokisiです。


今回は「に」

最近はショートストーリーじゃなくて、言葉に対する感想文になってます。
物語を即興で作るって難しいです(><)
感想文の最後にちょっと付け足すと、語り部のストーリーに変化するかな……。


  • 「2次元」

アニメ・漫画・ラノベ・ゲームを総称する、「2次元」っていつ頃から言い始めたんでしょう。

大きなお友達」とセットでカテゴライズされる「萌え」という言葉と同じぐらいの時期ですかね?


この言葉を使い始めた人って、どんな気分で使い始めたんですかね。

  • 謙り(へりくだり)
    • 「いやー、僕は2次元どっぷりっスよー」
  • 現実からの卒業
    • 「ぼく…、2次元しかもう残されてねーんス…」


どちらでも良いのですけれど、できれば晴れやかに楽しみたいものです。


最近の世代って、生まれた時点で「2次元」に囲まれているから、割とカジュアルに楽しんでいるんですよね。


少子化で自然減真っ只中の日本ですが、2012の冬コミの入場者が過去最大という事からも、カジュアル化は進んでいると思われます。
…まぁ、だから少子化ナンジャネ?という見方もできるんですけれど。




ちょっと前に、「2次元に行けないなら2次元が来い!!」ってキャッチが流行ってましたが、ずいぶん前に2次元が来ちゃった映画が大ヒットしてましたね。

ロジャー・ラビット [DVD]

ロジャー・ラビット [DVD]


随分昔に2次元が来い!という発想はあったようです。






ロジャー「 Yo! 」


僕「!?」


ロジャー「なんかグチグチ詰まんない事書いてるみたいだが、トゥーンアニメはこうして現実に生きてるんだぜ!」


僕「 お、、おう。随分タイムリーな登場だね。劇場以来だから十数年振りだね 」


ロジャー「何いってるのさ! 昨日も撮影してたじゃないか!」


僕「あれ・・・?僕がボブ・ホスキンスになっているのか・・・??」


僕「2次元に来ちゃったみたい」




―The End―



広告を非表示にする