†でおきしブログ†

ウナギ食べたいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

はてなブログ無料枠でHPPTS化してみた【MixedContent地獄】

f:id:deokisikun:20180630035908p:plain
2018/07からhttpのサイトはgoogle chromeでは警告が表示されるそうなのでHTTPS化してみました。
blog.chromium.org
はてなブログは無料でHTTPS対応のブログが書けるから神。

はてなブログHTTPS化するやり方(数秒で完了)

[設定]->[詳細]->[HTTPS配信]->[HTTPS配信の状況を確認する]->"変更する"ボタンをポチる

f:id:deokisikun:20180629212617j:plainf:id:deokisikun:20180629212619j:plainf:id:deokisikun:20180629212614j:plainf:id:deokisikun:20180629212623j:plainf:id:deokisikun:20180629212626j:plain

もう、後戻りはできねぇぜ…。さらばHTTP。これまでの私。





f:id:deokisikun:20180629212629j:plain
ボタンは消え去り、もう戻す事はできぬ。


MixedContent?そんなんヘッチャラでしょ?




f:id:deokisikun:20180629212641j:plain
おや…?
f:id:deokisikun:20180629212644j:plain
あれぇ?


☆MixedContent地獄

よくわからんけど、MixedContentになるケースは以下

  • javascriptのsrc先がhttp
  • iframeのsrc先がhttp

なお、純粋にaタグのhttpは大丈夫だった。

☆MixedContentの原因を探る。

☆HTTPアドレスが記述されし場所をチェック!

f:id:deokisikun:20180630032735p:plain
アドレスを書き込める場所は色々あります!

原因を特定し、修正の後、保護された状態になった…!
f:id:deokisikun:20180630033739j:plain
f:id:deokisikun:20180630033742j:plain


…のだが





本当の地獄はココからだ

☆記事毎に埋め込まれたMixedContet地獄

僕の場合は以下

いずれも昔記事に張り付けた時はHTTPだったんですよね…。
記事毎に修正する必要があります(>< )

Instagramの場合はhttp->httpsのアドレスにして、貼り付け直したり、はてなフォトライフはてな記法だったら、"[f:id:~]"の部分を貼り付け直したりとか。

とても地味な作業。

有志の方が、はてなフォトライフに関しては一括置換するツールとか作られている記事を以前見た気がするのですが、なるほどこういう事か…と、実際にHTTPS化してみてわかりました。

☆とりま上位記事だけ対応する

google検索上位の記事だけMixedContentを解消しておいた。

読まれてもない記事がMixedContentだろうが知った事ではない。
気づいたら修正するぐらいでいいだろう。

広告を非表示にする