†でおきしブログ†

ウナギ食べたいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

MacのPagesとNumbersとKeynoteを使ってみた

そもそもMacのPagesとNumbersとKeynoteって何?って思っていました。Macに最初から入っているソフトウェア何ですが、基本的に文書作製作業はMicrosoftのOffice製品を使用していたためです。

そのため、MacでOfficeb文書を扱う場合にはoffice365をインストールして使用していました。

今更ですが、全く使っていなかったPagesとNumbersとKeynoteを少し触ったり調べてみましたので、特徴をざっくり下記のようにまとめておきます。

  • Pages
    • Word文書の読み書きができる
    • いわゆるMacの文書作製ソフトウェア
    • pdfやwordなどへの書き出しが行えるが、特筆すべきはiBook向けのEPUBファイルを書き出しする事ができる点。ブック向けのテンプレートがあるのでサクッと本のテイストで作れちゃいそうです。iBook形式で配布したければとても便利でしょうけれど、まぁ使う機会がなさそうですよね...。
    • むしろkindle向けのEPUBに出力できたら利用価値も上がりそうなのですけれど、ネットで少し調べた感じだと、多少小細工しないといけないようで、世の中ままならないという感じでしょうか。
  • -
  • Numbers
  • Keynote
    • PowerPointの読み書きができる
    • いわゆるプレゼン資料作製ソフトウェア
    • 何気にHTMLへの書き出しが便利そうに思えた。
    • slideshareへのアップロードとかとの親和性はどうなのだろう?と想ってネットで少し調べたら、日本語フォント関係で問題がありそうな雰囲気。うーむ。ままならない。

ちゃんと使っていないのでなんとも言えませんが、使い慣れているoffice製品をついつい使いたくなってしまいそうですけれど、「Mac標準アプリでやってるぜ!」って人は色々いじって見ると良いかもですね。

Pages・Numbers・Keynoteマスターブック (Mac Fan Books)

Pages・Numbers・Keynoteマスターブック (Mac Fan Books)

広告を非表示にする