†でおきしブログ†

ウナギ食べたいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

貴乃花親方が相撲協会に対して低姿勢に転じた訳(を推測)

日馬富士関よる貴ノ岩関への暴行問題において、相撲協会に対して強硬な姿勢で毎日のようにニュースに取り上げられていた貴乃花親方。

しばらくして、貴乃花部屋貴公俊による付き人への暴行問題が発覚。

そして間をあけずに相撲協会からの通達により貴乃花親方は、理事→年寄というスーパー降格辞令となったのである。

そして、TVのニュース番組には、とてもしおらしくメディアのインタビューに答えている貴乃花親方の姿があらわになった。




これは権力による圧力と共に、貴乃花親方の弟子への愛により生じた事象であるように感じます。


貴公俊の起こした暴行問題により、貴公俊自身が、今後の相撲をとる事ができるかどうかについて、相撲協会が握っていたように思います。

だって、相撲協会の興行ですもの。大相撲って。
主催者に対して逆らいようが無い。


一時期、プロレス団体のように、貴乃花親方を中心として、別の相撲業界を立ち上げる?みたいな説がネット上にありましたけれど、まぁお金になりませんよね。

それに貴公俊は大相撲で取り組みたいでしょう。


ゆえに貴乃花親方は、相撲協会への告発文も撤回して、貴公俊及び弟子達が大相撲で活躍できるために、あのようにしおらしい姿でメディアに登場したのでしょう。

「ゼロからスタート」と貴乃花親方がコメントしていたのは、年寄という平社員ポジションへの降格を理解しての事でしょう。


このような状況でも相撲に携われる貴乃花親方は凄いと思うし、おそらく弟子がいなければ、部屋を畳むと思う。これは弟子への愛ゆえに。だと思うんだ。


f:id:deokisikun:20180330212234p:plain:w300


貴乃花部屋一門の思い

いろんな感情が渦巻いていると思うけれど、貴乃花親方を慕っている弟子力士にとっては、ハラワタの煮えくり返る思いだろう。

この世に正義は無いのか?
大相撲を志した場所は非常にクローズドな場所であり、自分の親方は弟子を守るために闘って、弟子を守るために頭を下げている。

弟子にとっては、世間のエンタメたる大相撲という印象とは全く異なるシリアスな状況があるように思う。
それでも柱に鉄砲を撃ち、しこを踏む弟子達。

がんばれ!
…としか言えない。それが選んだ道であれば。


おそらく、今回の騒動について、相撲協会に疑義を感じている関係者は沢山いると思う。
だからといって、どうにかできるというわけでもない。

だって、奇数月のNHKではライブ中継され、興行にいけばお客さんは沢山いる。オーディエンスたるジジババが沢山いるのだ。戦争は数だよ!兄貴!

現状、大相撲は稼げるコンテンツである。



陰ながら貴乃花親方を応援しています。
そこまで相撲馬鹿になれるのは理解しがたいですけれど、その情熱と弟子への愛はリスペクせざるを得ない。

広告を非表示にする