†でおきしブログ†

ウナギ食べたいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

右手首が痛くて腱鞘炎かな?と思いきや診察結果は痛風の可能性

先週、右手痛いなー。なんかなー。と思いながら週末を迎え、
土曜の夜にトレーニングジムに行きました。

右手首痛いながらも割といけるじゃん?と思い無理のない範囲で懸垂系のジムマシンを使用。





翌朝、激痛で目が覚めました。



1日中痛くて、痛みを誤魔化すためにお酒呑んだり、頻繁にアイシングなどをしましたけれど効果なく。
これまでぼんやりしていた痛みがはっきりと激痛となり、手の甲の手首付近がほんのり腫れている事が確認できました。
f:id:deokisikun:20171024193150p:plain


ひたすら痛くて、右手がほぼ使えない1日を過ごしてとても辛かった。

右手が痛い時にジムで無理するもんじゃないなーと思いながらネットで右手首の痛みについて検索しまくってました。左手で。



ネットの情報だと、日ごろPCやスマフォを使う人が腱鞘炎になるという現代病が割と知られているらしいとの事で、コレだな。と確信していました。



☆診察の様子

翌朝の月曜日、半休をとって整形外科に行ってきました。(人生初)


容赦なくグニグニ触診された後にレントゲンを撮り、診察結果としては

痛風かバイキンの混入。尿酸値高くないですか?」
腱鞘炎と思っていたため、診断に驚きました。



腱鞘炎の疑いについて尋ねてみましたが、手の甲が腫れるケースは腱鞘炎ではレアケースで考えにくいとの事でした。(触診も含めそうジャッジされたのでしょう)
健康診断で尿酸値で引っかかった事はないのですが、確かに去年の健康診断時点よりも酒量が増えている自覚は大いにありました。




処方されたジェネリック痛み止めを飲みつつ、翌日にはこうやってキーを叩けるほどに回復したのでひとまずチューハイを呑んでいます。


☆補足

尿酸値とかの血液検査をしたわけではないので痛風確定ではないのですが(言い訳)、手首の痛風ってあるん??と思いネットで検索して記事を見ていくと、関節部のどこにでも尿酸が溜まって痛みの症状(痛風発作)が起こりうるらしいです。

血中の尿酸値が高い時にどの部位に痛風発作が起こりやすいのか?
それは今回僕がやっちまったような、特定の関節部に強い力を与えた時に起こりやすいのかもしれません。
強い力で傷つけられたデコボコの組織にトゲトゲの尿酸は如何にも引っかかりそうと思うためです。



「ひとまずお酒はホドホドに」ですね。
痛風確定ではないですが。

広告を非表示にする