読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

†でおきしブログ†

もうすぐ夏ですねヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

大分のタワレコでHi-STANDARD の ANOTHER STARTING LINEをゲット(≧▽≦)

☆売り切れかなーと思いながらお店に行くと

入口正面にハイスタのコーナーあった!!
(´▽`) 在庫あった!!


店員さんにお話を聞いたところ、何度か再入荷された後らしく、今の在庫が無くなると入荷が来週になるそうでした。
※10月5日~10月26日までは基本的にCDショップ店頭でしか購入できません(通販・DLはその後解禁)
※ちなみにフライングでAmazon楽天で販売されているものは公式ルートじゃないので割高になってます

☆いざ開封!!

盤面は明度の低い金色で、stay goldから16年の歳月でくすんだ事を表現してるのかな?とか深読み


さっそくitunesに取り込んで聞いているんですが、違和感というか戸惑いを感じました。
(悪い意味じゃないよ)

☆違和感とは

16年の間、AIR JAM等のライブで演奏される楽曲は当然過去のもので、「懐かしいなぁ…」とか、「今でも根強いファンが沢山いるなぁ」というノスタルジックを感じさせる伝説のメロコアバンドというイメージが強すぎていたんですが、新譜の登場によって、過去に活躍していた伝説のバントというイメージが払拭されたように感じます。


まさにANOTHER STARTNG LINE。
ここからは過去の伝説じゃない。
新しいハイスタのスタートなのだと。

☆というわけで新譜が新しすぎる

16年前までの楽曲を何度も聞いていたんですから、新譜とか新し過ぎますよw

もうね、ハイスタである事は間違いないんですけれど、「2016年にめちゃ上手いメロコアバンドが出てきたぞ!!」って感じで聴く方がしっくりきます。


新譜のストレートなコード進行とボーカルとコーラスの心地良さって、数回聴いたぐらいじゃ味わいつくせないなと感じました。iPodにも転送したのでしばし通勤の行き帰りはヘビロテいたします(^^ )

☆公式MV・サイト

www.youtube.com
hs.pizzaofdeath.com

☆追記[感想]

4週ほど歌詞カードを見ながら全4曲を聴いたので感想をば。
全曲全てがハイスタ自身の事を歌っているように感じました。

  1. Touch You
    • 「その昔ヒーローだったけれど、ビタミン剤でオシッコが黄色になっちゃう俺こそヒーローが必要なんだ」と歌っているように感じる。1曲目にはドンピシャな疾走感のあるトラックとなっている。
  2. Another Starting Line
    • 楽曲も歌詞もファンへの愛が感じられる。「Just another starting line for you and me」という歌詞が、ファンと一緒に肩を組んでサークルモッシュをしている雰囲気がする。 “Mosh Under The Rainbow”のような愛が溢れる楽曲である。おそらく今後のライブでこの楽曲は重要な意味合いをもって演奏される事になると思う。ハイスタをずっと好きなファンにとっては間違いなく泣ける楽曲だと思うし、これをMVにもってきたのは憎いなぁw
  3. Nothing to Lose
    • 個人的にはバタくさい海外のメロコアバントのサウンドでメッチャありそうなテイストだと感じました。「俺は負けていない」という事を歌っています。自身が負けを認めなければ負けでは無い事は誰しもが認める事実ではあるものの、それを声高に歌うには少しこっ恥ずかしい気がします。だからこそ、歌詞の意味合いよりも「いかにも」な楽曲に乗せた照れ隠しなナンバーなのかなと感じました。
  4. Rain Forever
    • 「永遠の雨」というタイトルながら、「止まない雨は無い」と歌っています。コーラスで何度も「失えば失うほどなにかを得る」と歌っている事から、当人達にとってこの16年で失ったものは大きく、その懺悔のような楽曲という印象でした。けれど、懺悔の後に「止まない雨は無いんだ!」と、いつまでもうずくまってる訳ではないという力強さ、立ち上がった復活を感じさせます。
広告を非表示にする