†でおきしブログ†

ウナギ食べたいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

とあるSEの35歳まで

f:id:deokisikun:20150205014130p:plain

☆経歴書の更新

って、皆何時しているのだろう?僕は必要になった時に慌てて勤怠表やメールなどからトレースするのだけれど、なんだか効率的じゃないなぁと思い、とりあえず現時点までの経歴書を更新してみました。

出来上がった現時点までのざっくりとした業務経歴一覧を見て思ったのは、新卒から十年以上経過したけれど字面にすると案外少ないものだなぁという印象でした。

改めて年齢と業務経歴書をトレースするとあっさりと35歳になってしまったものだなと感じたので、その在りようをさっくりと以下にまとめてみました。

☆大卒から35歳までの流れ

4年大学卒業後の新社会人の初年度に、大半の人が23歳になる。

f:id:deokisikun:20150205000842p:plain

初年度はまともに業務ができず慣れの期間であるように思われ、翌年の24歳から本格的に社会人スタートという感じ。

f:id:deokisikun:20150205000853p:plain

その後、3年ほど勤めると「中堅社員」なんて呼ばれるようになるのだけれど、その頃には27歳。

f:id:deokisikun:20150205000859p:plain

「このままココ働き続けるのかなぁ」と悩み始めるのが30歳の前後となり、同年代の人達が沢山転職するようになった。

f:id:deokisikun:20150205000906p:plain

転職の有無も影響するだろうけれど、30歳を過ぎると、役職がリーダーになったりメンバーになったり、お酒を呑んだりしてフラフラしはじめる。

f:id:deokisikun:20150205000911p:plain

そんなこんなで、いつの間にか35歳に
f:id:deokisikun:20150205001824p:plain

☆蛇足

スーパー炎上プロジェクトにぶち込まれた社会人初年度の僕が、唯一心休まるのがトイレの中でした。プロジェクトの終結時期が不透明な状況であったため、僕は便座の上で当時のイケてる携帯電話(フィーチャーフォン)で、カレンダーを早送りしながら現実逃避していました。

カーソルキーを押しっぱなしにしていると、カレンダーが次々に変わっていくのですが、その様がなんだか怖くて時間はあっという間なのだなぁと感じたものです。プロジェクト自体はカレンダーを早送りするほど長引かずクローズしましたけど。

あの時トイレで何年後のカレンダーまで見ていたのか覚えていないけれど、当時の僕ならおそらくビックリするであろう2015年になっちまってます。あっという間だった。

広告を非表示にする