†でおきしブログ†

ウナギ食べたいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

自発的モチベーションを起こさせるには??

f:id:deokisikun:20141025132826p:plain

☆言い訳じゃない。それは器なのだと

何かを行動に移したいのだけれど、まったくやる気が起こらない。
やる気のでる方法を模索するも、まったく効果がでない。

そんな事でお悩みの人いませんか?
正直僕が今まさに悩んでいるので解決して欲しい所なのですけれど、これはもう自分のポテンシャル(器)なのだと諦めつつあります。

☆宿題とか期限ぎりぎりにやってませんでしたか?

「はい!僕は期限ぎりぎりにやっていたので、翌朝とても眠かったです!」
こういうタイプの人は、必要にかられないと物事を実行する事ができません。10年後や20年後とか何も考えずなんとなく歳をとる人生で終わります。つねに期限ギリギリの直近動作なのですから。

僕がまさにこのタイプです。
以降、そういった人向けに書きます。

☆クリエイティブな趣味的活動

昨今の不景気な状況下において、与えられた仕事だけやっていたら生き抜けないかもしれません。仕事以外に何もできない人は危険なので、何か趣味を持つと良いと思います。できれば役立つような事を。

さて、目新しい趣味に目覚めた時、面白がってハマります。けれど、それは束の間の事だったりします。
趣味には直近の締め切りがあるわけでもありません。

趣味的活動に慣れてくると、活動によって得られる経験などの美味しいところに目が行きがちになり、活動自体がめんどくさくなります。
だからやらなくなります。とても自然な流れです。

…でも、美味しいところの味は知っている。
美味しい所が欲しいから活動しなきゃ!でもめんどくさい!

というジレンマに陥ります。

☆モチベーションをくれ!!

得たいものがあれば活動しなければならず、そのためのモチベーションが必要となってくるわけなのですけれど、期限ギリギリといった切羽詰った状況でないかぎり、色々試しても状況は改善されません。
「賢い人」は、自らを制御できますが、「そうでない人」にはとても難しい事です。又、自己制御については誰も助けてあげる事ができません。

だから「そうでない人」は諦めるのです。
諦めて這いつくばっていれば良いのです。

這いつくばるのが嫌になったら、立ち上がりますが、その時が早いか遅いかはその人次第なのです。

ではでは。

☆蛇足

けれど「僕は変れるかもしれない」と、映画や小説のような奇跡を期待しがちです。
夢見がちです。

もし本当に変りたいと思うのであれば、なんとか自我をコントロールできる努力をするしかありません。
自己催眠でもなんでも良いです。やりたい事を進めるために、切羽詰った状況であるようにイベントなりクエストを立ち上げるのです。

人生において最大の障壁は常に身近な所にいるので、退屈する事はありません。
…そんな事を毎日考えつつ、筆もコードも進まず…



のうだま―やる気の秘密

のうだま―やる気の秘密

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

広告を非表示にする