†でおきしブログ†

ウナギ食べたいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

iPod touchはiPhoneよりも遥かにマイナーな存在になっている

iPodの登場

iPhone登場以前、Macにすら触った事の無い人々が始めてApple製品を購入する動機となったのが、音楽プレイヤーのiPodだろう。
特に2004年に登場したiPod miniは小型化がされ、カラバリーエーションも多く、女性からの支持も高かったように思う。かくいう私もiPod miniの青色のものを愛用していた。

iPod touchの登場

2007年に、いわゆる「iPhoneの電話が無いヤツ」というiPod touchが発売されました。
iPodフィーチャーフォンを常備するスタイルの筆者としては、iPod touchという選択はiPhoneの基本機能(iOSによって制御される動作)を体験できる素晴らしい端末でした。通信契約は不要なので、自宅Wi-Fiで快適に遊べます。
iPadもまだ存在していなかった頃でしたので、通信契約不要で手軽にiPhoneのゲームを体験できる唯一の端末でもあった事から、当時はかなり売れたのではないかと思います。
それでも音楽プレイヤーとしてのiPodiPod nanoの方が一般的だったように思うので、一般層にはあまり知られていない存在だったのかもしれません。

☆時は経ち、ほとんど知られぬ存在に

2012年に第5世代のiPod touchが登場しますが、世の中はiPhone5登場でやんややんやしている時期であったため、iPod touchをチェックする人も減っている頃だったと思います。
しかしながら、iOS端末史上もっとも薄いボディなので、見た目だけだと未知のiPhoneのように見えるため、iPhoneよりもある意味目立つ端末です。

Barとかで第5世代のiPod touchを取りだすと、「何それ?iPhone??薄いー!!」という、ギャル達のストレートな反応が楽しめる事もございました。

Apple iPod touch 32GB ホワイト&シルバー MD720J/A  <第5世代>

Apple iPod touch 32GB ホワイト&シルバー MD720J/A <第5世代>

☆第6世代はあるのかな…?

というわけで、9/9のAppleの発表が楽しみです(^^)/
iPhone5C自体が、iPod touchを購入していた若者世代の次のチョイスを想定して投入されていたという話もあるので、期待薄かもしれませんけれど…。

★追記

9/9の発表では、iPod touchiPadの新作もなくて、WiFiメインのiOSユーザーにとっては特に喜ばしい情報は無かったですね。
iPhone5Cは無料になったみたいなので、フィーチャーフォンユーザーは機種変でスマフォにする選択肢のひとつとして良いかもしれません。

ではでは。

広告を非表示にする