†でおきしブログ†

ウナギ食べたいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

【午前散歩】図書館と本屋をハシゴしてクリエイター向けの書籍をチェック

☆図書館

★雑誌

雑誌コーナーで唯一チェックするillustration。6月号の巻頭は「村田蓮爾」氏!!
村田氏の貴重なインタビュー記事は興味深かった。
快楽天の表紙のおにゃのこで御馴染みだけれど、当時女の子を描くのは苦手だったとか…

★書籍に関するコーナー

kdp(kindle direct publishing)での作成から公開、米国源泉徴収免除手続きまで、一通りの手順がまとめられた一冊。
kindleで個人出版に興味がある人にオススメです。

★お仕事コーナー

ゲームクリエータになるには (なるにはBOOKS)

ゲームクリエータになるには (なるにはBOOKS)

ゲーム業界の著名人インタビュー等が収録されている。元コンパイル社員の北野不凡氏のクリエイター像に関するコメントは興味深かった。
コラムテイストで、この頃から既にハードウェアの高機能化にソフト開発が追いつかないジレンマも語られている。
また、携帯端末でのゲーム配信という今後のゲーム業界の動向も予見されるようなニュースについても触れられているが、当時、iPhoneAndroidといったスマートフォンがゲームプラットフォームの大勢力になるとは思いもしなかっただろう。
当時、PCでのオンラインゲームが盛り上がっていた頃ですよね。

ウェブクリエータになるには (なるにはBOOKS)

ウェブクリエータになるには (なるにはBOOKS)

こちらも同様に2000年の書籍。
オン・ザ・エッヂ時代の堀江貴文氏のインタビューが載っていました。

Web黎明期(?)頃のこういった書籍は、時代を学ぶという意味で貴重な資料なのかもしれない。そういった書籍に出会える図書館は素敵だと思ふ。

☆書店

DWANGO会長の川上量生氏の書籍です。
先日のKADOKAWADWANGOの経営統合のニュースでご存知の方も多いでしょう。

コンテンツ像に対する川上氏のコメントが興味深い。



ではでは。

広告を非表示にする