†でおきしブログ†

ウナギ食べたいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

ショートストーリー(実験) 「り」_「りんご」

こんばんわ。
deokisiです。


今回は「り」


  • 「りんご」

アダムとイヴは知恵の実を食った。


するとどっかの漫画みたいに、知恵の能力を得たそうな。


wikiによると、知恵の実がリンゴなんて思っているのはどこかで刷り込まれた情報のようだ。
昔ながらのステマなのかな。

この知恵の樹の実は俗にリンゴのことであるとされるが、旧約聖書にそうした記述は無い。
引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A5%E6%81%B5%E3%81%AE%E6%A8%B9

ところで、知恵を持った事による代表的な反応が、裸に対する「羞恥心」であり陰部をイチヂクの葉で隠したとする。
なかなか面白い考えだと思うね。


つまりは、陰部を隠さない人は知恵の実の呪縛から開放されているといえよう。



ちなみに私事ではあるけれど羞恥心とか見栄とか清潔感とか大事だったりするんだね。と、ようやく最近思うようになった。

別に見た目が全てではないけれど、見た目すらキチンとできない人はズボラであり信用に足らないと思うのが大抵の大人であると。



「お洋服遊びをする女の子」も、「衣類の交換に厳しい母」も流石「知恵の実」をいち早く食べたイヴの末裔だと思える。
イヴはアダムにその実を勧めるんだよね。
「お前も羞恥心もてよwww」ってね。



ステディをこじらせて羞恥心を無くしかけた大切な人に、「知恵の実」をかじらせてあげよう。
リンゴではないらしいので、何をかじらせるかは人それぞれ。




広告を非表示にする