†でおきしブログ†

ウナギ食べたいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

ショートストーリー(実験) 「や」_「山」

こんばんわ。
deokisiです。


今回は「や」


  • 「山」

山なー。

山とか最近登ってますか?


僕は去年の夏に富士山の山頂まで行ったことがありますが、パーティメンバー全員の足を引っ張って10時間ぐらいかかって山頂でみた朝日と雲海はとても素晴らしかったです。

足が尋常じゃなく疲れて、若干泣きそうになります。


1度目は富士山の山頂ってどんなものかな?を体験するためだとしても、二度と登るものかと思いました。


けれど、同じように大変な経験をしたにも関わらず、もう一度登る者もいます。
苦しみは、ある意味快感なのかもしれません。


大きな苦しみの先の達成感は、己が肉体を使って成し遂げなければ味わえない境地ですね。
いやぁ、凄いなぁ。人間って。


というか、昔からこうゆうスポーツみたいなのって流行っていたんでしょうか?

ヒトになった段階で、スポーツというか自ら苦しみを味わおうとしたりしてたんですかね?




何にもない原っぱとか山とか川で何して遊んでたんですかねー。



ところで進化論はあまり信じていないのですが、ネアンデルタール人と呼ばれる絶滅した人種は20万年間ぐらい地球上に存在したそうです。

約23万年前 - ネアンデルタール人の出現。
約3万年前 - ネアンデルタール人がこの頃絶滅。
引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E5%8F%B2%E5%B9%B4%E8%A1%A8#1000.E4.B8.87.E5.B9.B4.E5.89.8D_.E3.80.9C_100.E4.B8.87.E5.B9.B4.E5.89.8D


20万年とか凄いですね。
2000世紀と考えると途方も無い長さです。


温暖期も氷河期も経験してきた彼らの生活はどんな感じだったでしょうね。

彼らが言葉や文字を使ったかどうかは不明ですが、随分脳みそが大きいので喋っていても不思議でもないかなと思います。


現人類のように頭デッカチ(前頭葉的な意味)でなかったので、随分素直な感じだったのかもしれません。




野山を駆け回って遊んでいたのかもしれませんね。





広告を非表示にする