†でおきしブログ†

ウナギ食べたいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

ゲームクリエイターインタビュー本

こんにちは。
deokisiです。

バイセコーの点検待ちで図書館に行ったら面白い本みっけた。


ゲームの流儀

ゲームの流儀




結構新しい本なのに、ひっそりと趣味本コーナーに置かれてました。



錚々たるクリエイターの方々のインタビューが載っていて、とても面白かった。
インタビューとかノンフィクション本の良い所って、当時の様子が生々しく語られている所ですねー。


アタリショックなんて、リアルタイムで感じられていない世代ですが、皆アメリカゲームに衝撃を受けていたんだなぁと感じれたり、ファイナルファイトのドット絵ってあの方だったのか!とか、ミゾグチのタイガーバズーカじゃーの声は誰があててたとか、プレイステーションの開発キックオフまでの政治的な戦略のドキドキ感とか。


忘れかけていましたが、ソニーからゲーム機が発売されるってゆうのは当時衝撃的でしたね・・・。「ウォークマン 作ってる "it's a SONY"のCMでお馴染みのあのSONYが次世代ゲーム機だと??」ってね。永遠に任天堂SEGAの2強だろうと感じていた頃が僕にもありました。



いやー、タダで読めるとか図書館サンクス!



※以下、蛇足※
ところで図書館って気になる点があるんだけれど、結構な費用をかけて作られたっぽい検索システムにアクセスする端末とか設置されていたりするじゃないですか。

あれなんですが、検索結果通りに書籍を見つけられた事がまぁ無いw


4,5冊検索して紙にメモって探して運よく1冊見つかるぐらいの頻度だったりするので、職員の方に全て探してもらうように頼むのもなんかな・・・
棚の陳列とかも分かりずらすぎて意味を成していないと思う所があったりもする・・・・。





・・・・なので、権利的なものはいろいろあるだろうけど、電子書籍にして欲しい所!

kindleとかiPad miniとかkoboとか、世の中 電子書籍時代じゃないですかー


図書館内でしか読めなくするんなら、GPSと周期的に変化するQRコードあたりを組み合わせればうまくいくんじゃないかなーとか妄想してたら、すでに電子書籍を実施されている図書館がありましたw


こちら。
公共図書館初・電子書籍貸し出しサービス 千代田図書館 - ITmedia ニュース



ではでは

広告を非表示にする