†でおきしブログ†

ウナギ食べたいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

図書館のありがたみ

こんにちは。deokisiです。

さてさて、ごく一部の人しか共感されないエントリーになりそうな表題ですね。


以前、東京都内で働いている際に、図書館で勉強したいなぁと常々思っていたのですが、
これが驚くほど見当たらなかったんです。


んで地元の大分に戻った所、割と近くに県立図書館があったりします。

しかも閉館時間が平日の間は9時~20時までと非常に長いです。
通常、公の施設って17:00頃に終了する中で、これだけ開館時間を伸ばしているのは学生及び県民に学習するインフラを提供しようという意気込みが感じられます。
※休日は17時で閉館。
開館・休館日、交通案内 - 大分県立図書館
大分県立図書館 - Wikipedia



学習室や喫茶店、地上と地下駐車場の完備等々、蔵書以外の面においても気合の入り方が違います。
地元を離れてわかったのですが、この図書館はなかなか凄いんじゃないかなと。


夏場の今時期はお洒落な喫茶店でカキ氷とかも食べれます。


マニアックな蔵書もあったりします



ちょくちょく図書館に出かけてみようと思います


ではでは



※蛇足※図書館に関して、とても上手く表現している映画があったのでご紹介です。

"セブン (映画) - Wikipedia"の中で、サマセット刑事(演者:モーガンフリーマン)が殺人事件の捜査のために警察図書館で調べ物をするシーンがあります。ポーカーに興じている図書館勤務の警官達に対して、「諸君、何故知識の山に囲まれて一晩中ポーカーを?」と諭す場面から始まり、クラシック音楽が流れる中7つの大罪について調べ物をしていくのですが、図書館で物を調べるその様を見事に表現しています。

※20世紀末のサスペンス映画です。心臓の弱い方にはお勧めできないかもしれませんが、いろいろ考えさせられる映画なのでオススメです。

セブン [DVD]

セブン [DVD]

セブン [Blu-ray]

セブン [Blu-ray]

広告を非表示にする